努力は必ずしも報われない

努力しても報われないって理不尽ですよね?
むしろ私は理不尽の先にこそ『本質』ってあると思うんです。

よく人のせいにする人がいるんですが、それする事で成長しますか?
それやることで、結果良くなりますか?

おそらくですが、、、ストレス発散程度にしかなりません。

理不尽の先にあるもの

世の中は理不尽だらけなんですが、その理不尽をひたすら乗り越えていくと、「よくそんな事出来るね」とか、「俺には無理だ。すごい!」なんて言われるようになります。

他の人が出来ない事が出来るってつまり頼られるんです。
頼られるってことは仕事が増えます。つまり、給料がUPするんです。当然です。

この世は理不尽?違いますよ。いつだって未来は自分で決めて変えていくものだから。

一度本田△ぱいせんの話を聞いて出直してきましょう。

アスリートではない人でも、努力すれば望む結果を手にすることができると?

サッカーの本田圭佑選手へのインタビューを抜粋したものです。

できます。
これは全人類に当てはまります。これは。

成功に執われるな。成長に執われろ。と。

僕が言っているのは、努力しても成功できるとは限らないです。
実際にがんばっても成功できなかった人もいっぱいいます。僕もそうです。
でもその時に違うもののせいにしてはいけない。ということがまず一点。
で、僕が(努力に)裏切られたことがないっていうのは何を意味してるかっていうと
実際に努力したはずなのに結果が出てないケースっていうのはあるんですよ。山ほどあるんですよ。出てないことの方が多い。
でも(努力に)裏切られことがないっていうのは、何を言ってるかっていうと、
僕が今言ったように「成功に執われるな。成長に執われろ。」というのは、
努力した時に絶対“成長”してるんです。100%。
僕の人生の場合は、100パーセントの割合で努力したときには成長してるんです実体験として。
これが僕の言う真実だと思って、1番最も全人類に当てはまる大事なもの。
でも成功ばっか見がちなんですよ。
違うんです。成長で喜ばんとダメなんです。

成長の先に成功があるんです。
#Youtubeインタビューより抜粋

時に努力は平気で裏切ってきます。それは結果にフォーカスした時です。
結果というのは努力だけじゃカバー出来なくて、実力が伴わないと結果は出ません。

だからといって努力をしないと成長もしませんし、実力もつかないので結果も出ません。

では、無駄な努力は存在するのか?

結論からいうと無いです。
それはどこに「フォーカス」するかだけだと思います。

結果にだけフォーカスすればそれは当然無駄な努力も存在しますが、努力すれば必ず成長してるので無駄ではないのです。

まとめ

つまり何がいいたいかというと経営者というのは頑張ってる姿を見せるだけじゃダメで、努力の先の結果を出さないと、経営すら出来ないという事です。

頑張る(努力)って当たり前過ぎて口に出してすらなかったんですが、その先の「結果」を出して初めて報われるし、なんなら人生一生成長ですよ。てことは一生努力し続ける。そうすると大抵のことは出来るようになるし、結果出でます。

執筆:中尾友一
編集:中尾友一
画像:spize

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

中尾友一

1985年福岡生まれ。大学卒業後2008年にソフトバンク入社。
セールスエンジニアとして活躍し、ソフトバンクグループ全体の表彰にて、チームでの受賞だけに留まらず、個人でも受賞。
ソフトバンクに5年間在籍後、代表の高原と共に株式会社Villnessを立ち上げ、現在は拠点をシンガポールに移し、グローバルな会社経営を行っている。
主にマーケティング・企画を得意としている。

著書に「副業からのステップアップ起業」がある。