【ClubhousePayments】投げ銭機能追加!!クリエイター取り分はなんと100%

とうとう、Clubhouseに投げ銭機能「ClubhousePayments」が登場するみたいですよ。
その事をClubhouseが2021年4月5日公式ブログで発表しています。

まだ、一部のクリエイターを対象にして先行提供(テスト段階)しているみたいなのですが、夏頃にAndroid版リリースもされるので、目が離せなくなってきましたね!それにしてもクリエイター取り分100%はエグすぎる。。。

オンライン決済サービスのStripeを使用するみたいで、決済手数料はかかります。

ClubhousePaymentsの仕組み

① Send Moneyをタップ

Clubhouseで支払いを送信するには、作成者 (機能が有効になっている)のプロファイルをタップし、[送金]をタップするだけです。

②クレジットカード or でビットカード登録

送金したい金額を入力してください。 初めてこれを行うときは、クレジットカードまたはデビットカードを登録するように求められます。

③Stripe決済でクリエイターに100%の送金

支払いの100%は作成者に支払われます。 送金者には小額のカード処理手数料も請求されます。この手数料は、支払い処理パートナーであるStripeに直接送金されます。Clubhouseは何もしません。

公式ブログより和訳

他プラットフォームの手数料

Youtube3割(※スパチャ) クリエイター7割

概ねプラットフォーム手数料として3割ほど取るのが通例でしたが、今回Clubhouseは100%クリエイターという事で、Clubhouseがどこで利益を出していこうと考えてるのかまったくわかりません(笑)

ただ、流石にGoogleやAppleの(プラットフォーム使用料)手数料を差し引いた後の100%だとは思います。

まとめ

流石にもう落ち着いてきた感ありましたが、投げ銭で稼ぐ人が出てきたらかなりの流入になりそうな気がしています。

執筆:中尾友一
編集:中尾友一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

中尾友一

1985年福岡生まれ。
ソフトバンクでセールスエンジニアとして活躍し、ソフトバンクグループ全体の表彰にて、チームでの受賞だけに留まらず、個人でも受賞。

ソフトバンクに5年間在籍後、代表の高原と共に株式会社Villnessを立ち上げ、その後、拠点を海外(シンガポール)に移し5年程在住。

現在は拠点を日本に戻し、グローバルな会社経営を行っている。
主にマーケティング・企画を得意としている。

【著書】
●副業からのステップアップ起業
●今すぐ使える心理学でWEBマーケティングを攻略せよ!
●ゲーム「脳」がビジネスを完全攻略
●一生使える「SEO対策」超入門(執筆中)

【共著】
●Shopify(ショッピファイ)完全攻略ガイド〜初めてのECサイト構築〜

著書一覧→http://amzn.to/2lCci6e

【記事に関連する資格等】
ファイナンシャル・プランニング技能士 3級(通称:FP3級) 取得(2021年1月24日実施試験)
Shopify公式/パートナー養成プログラム『Shopify Partner Boot Camp:Japan #4』受講修了