経済的自由を得てわかった、たった一つの真実

From:中尾友一
(物販で使っている志村オフィスより)

私の考える経済的自由とは、『貯金が5億超えている』『会社経営が安定している』『安定した不労所得がある』ではありません。

そんなものはいつでも失うことの出来る有限的な自由です。

例えば、詐欺に合えば一瞬で貯金なんて無くなるし、会社経営も未来の事なんて誰にもわかりません。
不労所得だってそのもの自体がなくなる事もありえます。

不動産収入であれば、天変地異が起これば一瞬で終わるし、権利収入であればその会社が潰れたり権利が剥奪されれば終わりです。

とにかく『失うかもしれないモノ』は経済的自由を手に入れた事にはなり得ないのです。

それは何故かと言うと、どれだけ稼いでも安定したとしても、『失ったらどうしよう・・・』という不安が常に残ってしまうからです。

私が実際にお金を手にしてわかった事

ASPをやっている会社があって、初年度は非常に調子がよく、売上だけで見ると初年度で4億円近く行きました。

その何%かがうちの会社に入る感じなのですが、これは一度手に入れたある意味経済的な自由なのですが、どれだけ売上を上げても、不安でした。
私はお金を手に入れた後もどうすればもっと売上が上がるのかを考えていたし、売上が下がるとどうしてもイライラしてしまっていました。

私は一般的に経済的自由と言われる報酬を手にしたはずなのにいつのまにか『不安』になっていたのです。

せっかく築き上げたモノを失ったらどうしよう・・・・と思ってしまったのです。
一度手に入れたものに私は依存していたのかもしれません。

他にもそのASPを支えるアフィリエイターさんと呼ばれる人達を知り合い経由のみ私が講師として教えていた時期があるのですが、初期費用を頂かず、売上の%を頂く事で成り立つビジネスモデルでした。

これも非常に大成功で、教えていた人達の中で月間1000万超えや月間300万、400万の売上を出す人達が次々と現れ、1年近く継続して稼がせる事が出来ました。

つまり会社にもそれだけの利益をもたらす事が出来たわけです。
にも関わらず、私は経済的自由を感じる事はありませんでした。

個人の役員報酬としてもそこそこ頂いていたので、良い生活もしていたし、良い家にも住まわせて貰っていました。
しかしそれらは消費する生活であって、経済的な自由を手に入れたことにはならないのです。
いつでも失う事の出来る一時的な生活に過ぎないのです。

この時に私はどれだけ稼いだとしても、イコール、経済的自由を手に入れた事にはならないと気づいてしまったのです。

 

稼ぐ≒経済的自由

 

経済的な自由を手に入れるためには

ではどうすれば本当の意味での経済的事由を手に入れる事が出来るのか?
その真実に迫っていきたいと思います。

非常にシンプルで、むしろシンプルだからこそ難しいな事なのですが、『一度手に入れたものを手放す勇気』だと思っています。

何かを得るということは背負うという事です。
同時に失う危険性から守らなくてはいけなくなります。

これが『不安』の正体です。

その為、一度手に入れたものを守り続ける事が出来る。
もしくは、何度でも手に入れることが出来る自分を手に入れることが『経済的自由』を手に入れた事になります。

つまり、いつでも手に入れることが出来る自分にする事、『自己成長』のみが不安を取り除いてくれるのです。

 

何でも出来る自分=経済的自由

 

まとめ

不安にならない為の唯一無二の方法は自己投資による自己成長する事以外に何も無いのです。
楽して何かを手に入れたとしても、再度手に入れる事が出来ない自分である限りは、それはいずれ失うものであり、不安になるものなのです。
※宝くじがあたった人が不幸になる理由はここから来ています。

その為、本当の経済的自由を手に入れ、不安になりたくなければ自分を磨く(成長する)事です。
そうすれば、仮に今0円になったとしてまた手に入れる事の出来る自分であればもまったく不安にはならないでしょう。

執筆:中尾友一
編集:中尾友一
画像:spize

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

中尾友一

1985年福岡生まれ。大学卒業後2008年にソフトバンク入社。
セールスエンジニアとして活躍し、ソフトバンクグループ全体の表彰にて、チームでの受賞だけに留まらず、個人でも受賞。
ソフトバンクに5年間在籍後、代表の高原と共に株式会社Villnessを立ち上げ、数多くの大手上場企業様のアプリ開発に携わる。
その後、拠点をシンガポールに移し、グローバルな会社経営を行っている。