結果を残している経営者がこだわっていること、捨てていること

From:中尾友一
(季節?常に夏ですよ。そんなシンガポールより)

本日は「結果を残している経営者がこだわっていること、捨てていること」についてお話していこうかなと思います。
今回は実際に成功している人達にもどこにこだわっているか数人にインタビューも実施してみました。

こだわり

無駄な経費を使わないことですかね、、、会社は創業者のモノではなく、箱に過ぎないと思ってます。

その為、職権乱用でガシガシ経費使ってると、もし自分が従業員だったら俺はこんなやつのために一生懸命働いてるのかーと思うと悲しくなるので、基本仕事だと思ったもの以外には経費を使わないようにしてます。

これは制約と誓約!!覚悟の証!
By HUNTER×HUNTER クラピカの名言です。

私はこの言葉が大好きです。結局の所経営者っていつ仕事していいし、いつ休んでいい。
だからこそ自分に制約と誓約を課す事でそれが覚悟になり、結果に繋がるんだなと思ってます。

By中尾

捨てていること

人権ですかね。(器を大きく持つって意味で)
成功者の方にこれを言うとガチで人権無視(悪用)してくるんで本当は言いたくないんですけど、あくまで弱い立場の人に対してって感じです!

By中尾

成功者に聞いてみた

中尾
起業して一応成功したと思うんですが、なんかこだわってる事ありますか?
Aさん
人に流されない。ってことですかね。
自分軸をしっかり持ちつつ、人の意見にたくさん耳を傾けて改善している感じっす!
Aさん
後は、数字の作り込みってのもホント切に感じてる部分ですね!
なんとかしなきゃいけないのが経営者。
経営者の仕事は何とかすること!って思ってます!

中尾
起業して一応成功したと思うんですが、なんかこだわってる事ありますか?
Bさん
まだ生きること

中尾
起業して一応成功したと思うんですが、なんかこだわってる事ありますか?
Cさん
何か意見を聞かれた時は、率直に意見を話すこと

元々相手の意見を伺って話すタイプだったんですが
起業してからは、相手への配慮はしつつも
思ったことは話すようにしてます。

例えば新しいビジネスモデルの話をしていただいたときも
既に相手が考えたことかもしれないけども懸念点は話したり
自分の視点から見て、感じたことは素直に伝えるようにしてます。

Cさん
固定費を抑えること

独立してからは毎月安定してお金が入ってくる
ってことは最初は無くなったので
家賃や月額サービスなど諸々の固定費は下げて抑えるようにしてます。

贅沢を一切しないとか、過度な節制はしてないですが
支出への意識はシビアになりましたね。

Cさん
仕事をする時は自分の能力を発揮して仕事すること。

向いてないもの、価値を与えられないことはやらない。
というのは意識してます。

単純作業で、明らかに時給換算的には多くもらえる仕事だとしても
自分が強い部分や能力を発揮できてない。貢献できてないという場合は
話し合って、仕事は請け負わないようにしてます。

尊敬できる人と、相乗効果を生み出して仕事するのは念頭においてます。。


中尾
起業して一応成功したと思うんですが、なんかこだわってる事ありますか?
Dさん
当たり前の事ではありますが、最近は数値管理を強く意識するようにしています。
数値管理も攻めと守りの2つあって、目標にコミットする攻めと、キャッシュフローを管理する守りです。

攻めは日々の目標を追っていくというもの。
守りは、払うもの全部払って結局なんぼ残んねんというところ。

この2つをより意識するようになった理由ですが、
僕の場合、最初は調子が良く、何とかなっていた為、数値管理が甘くなっていました。
その結果、売上が上がって調子に乗り、いつの間にか無駄な出費が増えている状況になっていました。

常に売上が伸びている状況であれば、よかったのですが、売上が下がった瞬間にそのしわ寄せが来て、
数値管理が甘かった為、対応が遅れたという苦い経験があったからです。

たぶんこれは比較的起業したてでも陥りやすいことかと思います。
サラリーマンを辞め、強制されることが無くなるので、ダレてしまう。
サラリーマン時代の蓄えもあり、そのままやっていると、いつの間にか売上が下がりヤバいという状況になる。

あと、攻めは出来ていても、守りの「で実際いくら残るの?」ってところが出来ていない人が多い気がします。
起業して長く続けるには、特に守りの数値管理が大事だと思います。
究極、売上下がっても手残りがあれば生きていけるのでw

また、がむしゃらにやって売上ばかりを見ていると、コストが膨らんで利益出ないじゃんみたいなことが起こるかと。

ホリエモンも言っていますが、利益を上げるにはコストを減らすのが一番早いので、しっかりと利益を残せるように数値管理をしています。


中尾
起業して一応成功したと思うんですが、なんかこだわってる事ありますか?
Eさん
今が充電期間ていうのもあって

起業してこだわってる事ですが、
特にありません。

正確に言うと浮かびません。

自分のやりたい事を見つけたり、
自分のやれる事を頑張るのみです。

自分に対して正直に生きるだけです。

周りに合わせて無理して頑張るんじゃなくて、
自分にフォーカスを当てて、自分と向き合う事、そしてレベルあげをしていくことですかね。


中尾
起業して一応成功したと思うんですが、なんかこだわってる事ありますか?
Fさん
・気軽に話しかけてもらえるような空気作り
・嫌われないようにすること

いかがでしたか?十人十色、色々な方がいますので、何かしら参考になれば幸いです!
インタビューにご協力頂いた方々この場をお借りして御礼申し上げます。

あえて馬鹿になる

これは特にシンガポールにいる経営者に多いんですが、仕事は当然効率重視で進めていくんですが、遊びの時「効率」とは大きくかけ離れた「無駄」をあえて好むことが多いです。(切実にでやめて欲しい)

ある日経営者仲間でタイに家借りようってなったんですが、しかも1泊何十万もするようなビラです・・・
普通行く日だけ借りれば十分じゃないですか?なのに1年借りるって言い張るんです。

頭のいい人たちだから絶対わかってるはずなんです。

にもかかわらず、、、

「あえてやる。」だから面白い。

この魔法のような呪文のような事をひたすら言ってきて結局1年借りてしまいました。

この人達はお笑い芸人か何かを目指してるのかな?と思ったと同時に、どんな辛いことがあっても全て人生ネタだと思ってんだろうなと思いました。

最後に

物事を深刻に考えるな!真剣に考えろ!

執筆:中尾友一
編集:中尾友一
画像:FURE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

中尾友一

1985年福岡生まれ。
ソフトバンクでセールスエンジニアとして活躍し、ソフトバンクグループ全体の表彰にて、チームでの受賞だけに留まらず、個人でも受賞。

ソフトバンクに5年間在籍後、代表の高原と共に株式会社Villnessを立ち上げ、その後、拠点を海外(シンガポール)に移し5年程在住。

現在は拠点を日本に移し、グローバルな会社経営を行っている。
主にマーケティング・企画を得意としている。

著書に「副業からのステップアップ起業」「今すぐ使える心理学でWEBマーケティングを攻略せよ!」共著に「Shopify(ショッピファイ)完全攻略ガイド〜初めてのECサイト構築〜」がある。