積立NISA1年後の結果報告。果たして利益は出ているのか?

From:中尾友一
(2022年2月2日2時22分より)

積立投資はいいぞー!といいつつ1年すら立っていなかったので、ご報告出来なかったのですが、積立NISAがやっと1年たったのでそちらのご報告となります。

実際どうなんだい?年利はどうだったんだい?と気になると思いますので、まずは結果からご報告させていただければ幸いです。

積立NISA1年後の結果

ドドン!10.42%の利益41,566円でした。

5%くらいかなーと思ってたんですが、思ったよりは成績が良かったみたいです。
※あくまで投資なので自己責任で!

積立NISAの詳細

・毎月の積立額33,333円。
・eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を購入。
・積立NISAは2月?1月?の途中から初めました。
・設定ミスで2021年の積立総額は(投資額36万円程/年最大40万円)程度になりました。
・最初はよくわからず、色々なやつを平均的に購入してました。(新興国、先進国etc…)

つみたてNISA(積立NISA)の20年後の利益を解説!利回り別の収益予測と運用後の対応

参考程度にこちらも見てみてください!

つみたてNISA(積立NISA)の20年後の利益を解説

つみたてNISA(積立NISA)の20年後の利益を解説!利回り別の収益予測と運用後の対応

2021年1月14日

iDeCoはどんな感じ?

ドドン!17.51%の利益81,967円でした。
※移管手続き+8ヶ月程度の実績です。

iDeCoの詳細

・毎月の積立額23,000円。
・楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))を購入。
・会社員時代の5年?(401K)が40万程あったので楽天証券に移管手続き(※移管方法は人によって違うので省きます。)
・移管手続き等の関係で4月頃から開始。

まとめ

投資で一番勝ってた人を分析した結果死ぬまで売り買いせずに放置していた人らしいので、インデックス投資は原則入れたら放置が最強です。

上がった、下がったで狼狽せずに見守っていきましょう。

執筆:中尾友一
編集:中尾友一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

中尾友一

1985年福岡生まれ。
ソフトバンクでセールスエンジニアとして活躍し、ソフトバンクグループ全体の表彰にて、チームでの受賞だけに留まらず、個人でも受賞。

ソフトバンクに5年間在籍後、代表の高原と共に株式会社Villnessを立ち上げ、その後、拠点を海外(シンガポール)に移し5年程在住。

現在は拠点を日本に戻し、グローバルな会社経営を行っている。
主にマーケティング・企画を得意としている。

【著書】
●副業からのステップアップ起業
●今すぐ使える心理学でWEBマーケティングを攻略せよ!
●ゲーム「脳」がビジネスを完全攻略
●一生使える「SEO対策」超入門

【共著】
●Shopify(ショッピファイ)完全攻略ガイド〜初めてのECサイト構築〜

著書一覧→http://amzn.to/2lCci6e

【記事に関連する資格等】
ファイナンシャル・プランニング技能士 3級(通称:FP3級) 取得(2021年1月24日実施試験)
Shopify公式/パートナー養成プログラム『Shopify Partner Boot Camp:Japan #4』受講修了