物販の仕入れ(概要)

2月も中旬に入り、だんだん春に近づいてきた感じがしますね!
そして、そろそろ花粉症の季節です(( ;゚Д゚))ブルブル
筆者は例年市販薬でどうにか耐えていますが、
今年は病院の薬をもらって、準備万端で臨もうと思っています^^

さて、本日は物販の【仕入れ】についてです。

以前ブログにて、物販を始めるにあたり、
まずはじめに不用品を販売していくのがオススメです、と書きましたが
ずっと自宅の不用品を販売していくのは数に限りがありますよね。

継続的に収入を得ていくためには、仕入れが必要になってきます。

本日はそんな物販の仕入れのお話です。
そもそも仕入れ先って何があるのか?

国内仕入れ

店舗仕入れ

実際に店舗に出向き、商品を購入することです。
具体的には、家電大型量販店(ヨドバシカメラ、ビッグカメラ、ヤマダ電機 等)や
リサイクルショップ(ブックオフや古着屋 等)があります。

メリット

・実際に商品を手に取って、詳細の確認ができること。
商品細部が確認できるので商品説明分も書きやすくなりますね。

・すぐに販売ができる。
クレジットカードで購入する場合、支払い期日までに販売できると嬉しいですよね。
資金繰りを考えたときに、すぐ販売ができることはメリットが大きいです。

・保証が受けられる。
商品不良があり、お客様から返品があった場合にも店舗での購入であれば保証書があると思いますので、安心です。

デメリット

・疲れる
何十万、それ以上稼ぐには、仕入れ数を増やす必要があり、それに伴って沢山の店舗を回らないといけません。
最初のころはやる気があるので、何店舗も回れるかもしれませんが、それが毎日、毎週となってくると中々しんどいです。

・交通費や車両費
小型商品であれば袋に入れて持ち帰りもできますが、
たとえば扇風機、炊飯器等の大きい商品を沢山購入して、複数店舗を回るとなると車が必要になってきます。
店舗から配送料が無料であれば自宅へ配送すればよいですが、
全ての店舗が送料無料ではないため交通費がかかります。

ネット仕入れ

パソコン上で購入~配達依頼まで完了できる手法です。
具体的には、オークションサイト(ヤフオク)、フリマアプリ(メルカリ、ラクマ)、
ECモール(楽天市場、ヤフーショッピング、Amazon、Qoo10、Wowma!)等のサイトから買い付けを行います。

メリット

・制約が少ない(時間、場所)
パソコン上で商品購入が完結しますので、インターネットさえ繋がれば時間や場所の制約を受けずに仕入れができます。
雨の日も風の日も関係ありません。副業で時間のない方には特にオススメです。

・リサーチしやすい
インターネットで購入できるものが全て仕入れ対象になり得ますので、
店舗に出向いて購入するよりも格段に多くの商品をリサーチすることができます。
また最近ではリサーチに役立つツールも沢山リリースされていますので、
それらを活用することで、効率的に商品を見つけていくこともできます。

・外注化しやすい
リサーチのルール化をすれば、外注さんにリサーチをお任せすることもできます。
仕入れ×販売を実際していき、ルールをブラッシュアップしていくことで、
理想の商品リストができていくことでしょう。

デメリット

・商品の状態が確認しにくい
中古品の場合は特にですが、商品の状態を確認するのが難しいです。
出品者の画像からでは付属品が付いているのか、動作するのかを確認できない場合がありますので、販売者に状態を確認する必要があります。

・販売までに時間がかかる
Amazon FBAのように翌日届く商品でしたら良いですが、
予約販売をすることで販売価格を激安にしているサイトも多いため、
店舗から購入するより販売開始までに時間がかかってしまいます。
クレジットカード仕入れの場合は、資金繰りを意識したときに支払い期日までに
販売したいと思いますので、販売開始できる時間というのも大事になってきます。
仕入れが増えれば増えるほどなおさらです。

海外仕入れ

中国輸入

現地買い付けに行かれる方もいると思いますが、
今では中国輸入の代行業者が多く存在しており、
その代行業者を使い、パソコン上だけで中国から商品を購入することができます。
具体的には、アリババ(https://www.1688.com/)やタオバオ(https://world.taobao.com/)から
商品の買い付けを行います。

メリット

・安い
筆者は中国商品をメインで扱っておりますが、最大のメリットはやはり安いこと。
日本で購入している商品のかなりのものがMade In Chinaだったりしますが、
中国輸入を始めた当初、あまりの価格差に驚いた記憶があります。

・商品数が無限大
世界の工場、中国。何でも購入可能です。
OEM商品の開発や大ロットの仕入れ等 あらゆるニーズに応じた商品を購入できます。
※注意:ブランド模倣品や食品衛生法に違反する商品等、日本国内に輸入できない商品も多くありますので、注意が必要です。違反した場合は税関で没収されたりもします。

デメリット

・粗悪品
一定数の不良品はあります。
検品体制をしっかりすること、不良品発生時は交換できるかお店から購入する等、
事前に確認をしておくことで、ある程度不良率を下げることができます。
日本に輸入した後では交換返品ができないため、中国側で対応する必要があります。

・商品が届くまでに時間がかかる
中国輸入だとだいたい1週間~2週間ほど手元に届くまでに時間がかかります。

欧米輸入

こちらも現地買い付けに行かれる方もいると思いますが、
今では欧米輸入の代行業者や転送会社が多く存在しており、
その代行業者を使い、パソコン上だけで商品を購入することができます。
Amazon.comやeBay、その他ブランド品の公式サイトから買い付けを行います。

メリット

・ブランド品が購入できる。
ブランドが多い欧米の商品を仕入れ販売することが可能です。
ブランドがあるだけで同じような商品でも高値で売れます。ブランド力おそるべしです。
代理店契約を取って、Amazon等で正規代理店をとして販売している業者も多いです。

またブラックフライデーと呼ばれる大型セールが毎年11月にあり、
ブランド品が50%OFFとか平気でなったりしますので、このタイミングで仕入れをすると
利益が出る商品が多いと思います。

デメリット

・不良品や購入間違い
中国商品同様ですが、不良品があった場合、日本に輸入した後では交換返品ができないため(返送費用を考慮したときにお得でないので)、輸入前に対応する必要があります。
ブランド品の場合高額商品ですので、購入間違い等があった場合の支出も大きくなります。
そういう時は国際郵便で返送をするよりも、日本国内で販売して利益を出しましょう。

・商品が届くまでに時間がかかる
欧米輸入だとだいたい2週間ほど手元に届くまでに時間がかかります。

その他国からの輸入

メリット

・ライバルが少ない
中国、欧米輸入は一世風靡して代行業者なども多く存在し、輸入しやすいインフラ(代行業者等)が整っていますが、
その他の国からの輸入となるとハードルが上がると思います。
筆者もタイ輸入を昨年始めましたが、まだまだ開拓段階です。タイ商品は今年もかなり伸びる市場だと思います。

デメリット

・インフラが整備されていない
上記メリットの裏返しでもありますが、パソコン上で仕入れを確立するためのインフラがまだ整っていないです。
これからどんどん中国以外のアジア国の輸入が盛んになってくると思いますので、楽しみです!

・商品が届くまでに時間がかかる
中国のような大量生産している国であれば比較的商品の入荷は早いかもしれませんが、
ハンドメイドの商品等は生産納期も長くかかりますので、やはり商品が手元に入るまでには時間がかかります。

最後に

いかがでしたでしょうか?
少々深堀りして書いたので、不用品販売からは飛躍した印象を受けるかもしれませんが、
国内仕入れも海外仕入れも少額から始めていくことで徐々に慣れていきます^^

次回は、筆者オススメの中国輸入について記事を書いていきたいと思います。

執筆:皆川知徳
編集:皆川知徳
画像:Pixel Mob

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

皆川 知徳

1985年新潟生まれ。大学卒業後2008年にソフトバンク入社。
ソフトバンク時代はネットワークエンジニアとして、無線ネットワークの分析、電波改善に貢献し、チームで社長賞を受賞。
ソフトバンクに8年半在籍後、貿易会社を立ち上げ、わずか2年で年商1億円規模までに成長させる。その後、株式会社Villnessの取締役に就任。
現在では、それらの経験を活かし同社の事業拡大の一端を担っている。