Shopify(ショッピファイ)完全攻略ガイド 〜おすすめのアプリ・購入率(CVR)UP編〜

この記事はShopify(ショッピファイ)は噂では凄い!と聞いてるけど、どこから初めて良いの?具体的に何をすれば良いの?という疑問に答えるサイトを備忘録がてら作成しています。

Shopify(ショッピファイ)のアカウント開設&初期設定については下記をご参照下さい。

Shopify(ショッピファイ)完全攻略ガイド〜初めてのECサイト構築〜

2020年9月23日

Shopify(ショッピファイ)完全攻略ガイド 〜Shopify初期設定の手順〜

2020年9月23日

このページを上から順に読んでいくことで、Shopify(ショッピファイ)に関する必要な事を網羅的に学ぶことが可能です。
これからShopify(ショッピファイ)を構築・運営したい方は是非参考にしていただければ幸いです。
Shopify14日無料に今すぐ登録
※2週間以内に構築が間に合わなかった場合も24時間を切ると14日間延長するボタンが出てくるので、それで延長が可能です。

それでは早速本題のお勧めのアプリ・購入率(CVR)UPを紹介して行きます。

Shopifyアプリストア

アプリを入れるにはShopifyアプリストアでアプリを探して行きます。
様々なアプリがありますが、まだまだ英語が多いので、これから紹介するアプリをご参考にしていただければ幸いです。
※Shopifyにログインした状態で検索しないと、アプリ追加は出来ませんのでご注意下さい。

ページ表示速度改善

既に、Shopify(ショッピファイ)完全攻略ガイド 〜必ず入れておきたいおすすめの必須アプリ〜でも記載しましたが、ページの表示速度はShopifyにとって最重要課題なので、極力アプリを入れない方が良いのですが、必須アプリはどうしても入れる必要が出てくる為、その場合のページ表示速度を改善するアプリをご紹介したいと思います。

Page speed booster

Shopifyのアプリストアで「Page speed booster」と検索すればすぐに出てきます。

Google翻訳機能で自動で翻訳されてますが、こちらの「アプリ追加」をクリックする事で、アプリをインストールする事が可能です。

アプリを入れるだけで、特殊な設定いらずに簡単にページの速度改善をする事が可能です。必ず入れておきたいアプリです。

image Optimizer

Shopifyのアプリストアで「image Optimizer」と検索すればすぐに出てきます。

Google翻訳機能で自動で翻訳されてますが、こちらの「アプリ追加」をクリックする事で、アプリをインストールする事が可能です。

アプリを入れるだけで、特殊な設定いらずに画像等の重いファイルを簡単に圧縮してくれます。ページの速度改善に役立つので必ず入れておきたいアプリです。

カート落ち対策

ECサイトではカートに追加しても、買わないお客さんが半分以上いるとも言われています。
その為、そのカート落ち対策として有能なアプリを紹介します。

Consistent Cart

Shopifyのアプリストアで「Consistent Cart」と検索すればすぐに出てきます。

Google翻訳機能で自動で翻訳されてますが、こちらの「アプリ追加」をクリックする事で、アプリをインストールする事が可能です。

Shopifyの純正アプリでもカート落ち対策のアプリはあるのですが、一通しか送れないのと、細かいアナリティクス情報を見ることが出来ません。

今回ご紹介するConsistent CartはメールやSMS等を複数送ることが出来、CVR等の数値(アナリティクス情報)も細かく見ることが出来るので、メールの本文や、タイトルを修正しながらCVR等を上げて行きましょう。

ページ最適化

簡単に言うと、訪れたお客さんがどこで離脱したのかとか、どこを重点的に見ているのかとかを可視化してくれるものだと思ってください。

商品数が増えると大変ですが、より商品を魅力的に見せるために入れておきたい所です。

その為、ページ最適化として有能なアプリを紹介します。

Luckyorange

Shopifyのアプリストアで「Lucky Orange」と検索すればすぐに出てきます。

Google翻訳機能で自動で翻訳されてますが、こちらの「アプリ追加」をクリックする事で、アプリをインストールする事が可能です。

ページ単位のヒートマップを見る事が可能になるので、非常に有能なのですが、アプリとしては入れると重くなるため、あまりお勧めしません。その為、アプリを導入するのではなく、Lucky OrangeのWEBサイトに直接アクセスして、タグを発効してから「タグ」だけをShopifyに導入するのが一番良さそうです。

ページデザイン

サイトのデザインは非常に重要です。

例えば、高級な物を立地が良い所の店舗で購入するのと、その辺の路上で買うのでは全く同じ品質のものでも全く違う印象を受けます。

その為、WEBサイトの入り口であるページデザインは店舗を作るイメージをしていただければ幸いです。

そんな、入り口(ページデザイン)を簡単に作れるアプリを紹介して行きます。

Shogun Landing Page Builder

Shopifyのアプリストアで「Shogun Landing Page Builder」と検索すればすぐに出てきます。

Google翻訳機能で自動で翻訳されてますが、こちらの「アプリ追加」をクリックする事で、アプリをインストールする事が可能です。
※10日間無料ですが、お金がかかるので、注意が必要です。

GUI(感覚的)操作で簡単にページのデザインを作ることができ、簡単なアナリティクス情報を見ることが可能です。

PageFly Free Page Builder

Shopifyのアプリストアで「PageFly Free Page Builder」と検索すればすぐに出てきます。

Google翻訳機能で自動で翻訳されてますが、こちらの「アプリ追加」をクリックする事で、アプリをインストールする事が可能です。

GUI(感覚的)操作で簡単にページのデザインを作ることができ、簡単なアナリティクス情報を見ることが可能です。

レビュー

ECサイトで購入する際に顧客が一番重要視すると言っても過言ではないレビューですが、そんなレビュー系のアプリの紹介です。

Yotpo Product Reviews & Photos

Shopifyのアプリストアで「Yotpo Product Reviews & Photos」と検索すればすぐに出てきます。

Google翻訳機能で自動で翻訳されてますが、こちらの「アプリ追加」をクリックする事で、アプリをインストールする事が可能です。

機能としては各種SNSアプリでレビューしてくれてる人を拾ってきたり、そのままそのレビューを使って広告を出したり等出来るようなアプリになってます。

基本的にこのアプリを入れておけばレビュー系は十分です。

Opinew Product Reviews App

Shopifyのアプリストアで「Opinew Product Reviews App」と検索すればすぐに出てきます。

Google翻訳機能で自動で翻訳されてますが、こちらの「アプリ追加」をクリックする事で、アプリをインストールする事が可能です。

こちらのアプリは唯一優れた点があって、Amazon等で既に商品を販売していて、尚且つ、商品にレビューがある場合に、そのレビューをそのままShopify上で商品のレビューとしても表示してくれる優れものです。

Judge.me Product Reviews

Shopifyのアプリストアで「Judge.me Product Reviews」と検索すればすぐに出てきます。

Google翻訳機能で自動で翻訳されてますが、こちらの「アプリ追加」をクリックする事で、アプリをインストールする事が可能です。

顧客が商品を購入後、任意のタイミングでレビューを依頼するメールを送る事が可能です。
レビューをしてくれたら○%OFFのクーポンコードを発行!等送る事でレビューを貰いやすくします。

UGC(User Generated Content)掲載

UGCってなんぞ?という方の為に、簡単に言うと、「一般ユーザーによって作れられたコンテンツ」の事です。

例えば、InstaやTwitter等の個人のSNS(投稿、写真、ブログ)などのコンテンツの事です。

Twitter Feed

Shopifyのアプリストアで「Twitter Feed」と検索すればすぐに出てきます。

Google翻訳機能で自動で翻訳されてますが、こちらの「アプリ追加」をクリックする事で、アプリをインストールする事が可能です。

自社商品の紹介をしてくれたユーザーのフィードをお客様の声のような形で表示する事が可能です。

ユーザーが投稿したコンテンツを持ってくる場合は、トラブルの元なので、必ず許可をとって掲載しましょう。

Instagram feed

Shopifyのアプリストアで「Instagram feed」と検索すればすぐに出てきます。

Google翻訳機能で自動で翻訳されてますが、こちらの「アプリ追加」をクリックする事で、アプリをインストールする事が可能です。

自社商品の紹介をしてくれたユーザーのフィードをお客様の声のような形で表示する事が可能です。

ユーザーが投稿したコンテンツを持ってくる場合は、トラブルの元なので、必ず許可をとって掲載しましょう。

予約販売

予約販売は主に受発注だったり、売っていた商品が思った以上に売れて、在庫切れになってしまい、売上のロスをなくすために自動で予約販売にしたり等を目的としています。

今回はそんな予約販売が出来るアプリのご紹介です。

Pre‑Order Manager 2.0 PreOrder

Shopifyのアプリストアで「Pre‑Order Manager 2.0 PreOrder」と検索すればすぐに出てきます。

Google翻訳機能で自動で翻訳されてますが、こちらの「アプリ追加」をクリックする事で、アプリをインストールする事が可能です。

予約注文が出来るアプリになっています。他にも近日発売等の表示も可能です。

クロスセル

簡単に言うと、単体で買うよりも、この商品とセットで買った方がより安く買えるよ!とクロスで別の商品も一緒に購入してもらうセールス手法です。

例えば、トレーニングベンチ買う人は床が傷つきやすいから、床のマットを合わせて提案するなど。

Amazonのレコメンド機能(他のお客様は一緒にこんなものも購入してます)とかもまさにクロスセルです。そんなクロスセルのお勧めアプリを紹介します。

Unlimited Bundles&Discounts

Shopifyのアプリストアで「Unlimited Bundles&Discounts」と検索すればすぐに出てきます。

Google翻訳機能で自動で翻訳されてますが、こちらの「アプリ追加」をクリックする事で、アプリをインストールする事が可能です。

クロスセルを出来るようにするアプリです。各種設定をする事で使用が出来るようになります。

販売促進

簡単に言うと、商品を販売する際に残り○○!とかヘッダーやフッターに表示させたりして○人がカートに追加しました。等を表示して販売促進する事を挿します。

今回はそんな販売促進で便利なアプリがあるので紹介します。

Sales Pop Master

Shopifyのアプリストアで「Sales Pop Master」と検索すればすぐに出てきます。

Google翻訳機能で自動で翻訳されてますが、こちらの「アプリ追加」をクリックする事で、アプリをインストールする事が可能です。

カウントダウンタイマーで残り在庫数を表示したり、○人がカートに追加しました等様々な販売促進のメッセージをサイト上に表示してくれるアプリです。
※3日間無料ですが、お金がかかるので、注意が必要です。

elfsight(外部サービス)

Shopifyのアプリストアで「elfsight」と検索すればすぐに出てきます。

ただ、こちら外部サービスでも同様のものがある為、アプリを導入するのではなく、elfsightのWEBサイトに直接アクセスして、タグを発効してから「タグ」だけをShopifyに導入するのが一番良さそうです。
下記で必要なものを選んで、追加すると「html形式のタグ」が発効されるので、そのタグを表示させたいところに貼り付けるだけです。

告知バー

LINE@等に登録させたい等あった場合にサイト上に告知のバーを設定出来るものです。
今回も有用なアプリをご紹介します。

WhatsApp Chat, Messenger +More(Chaty)

Shopifyのアプリストアで「WhatsApp Chat, Messenger +More」と検索すればすぐに出てきます。

Google翻訳機能で自動で翻訳されてますが、こちらの「アプリ追加」をクリックする事で、アプリをインストールする事が可能です。

様々なSNSの告知バーを表示させる事が可能です。LINE@等に登録させたい場合等は非常に有用です。

チャットサポート

サイト上にチャット形式の問い合わせ窓口をおくようなものです。

その中で便利なアプリを紹介します。

Tidio Live Chat

Shopifyのアプリストアで「Tidio Live Chat」と検索すればすぐに出てきます。

Google翻訳機能で自動で翻訳されてますが、こちらの「アプリ追加」をクリックする事で、アプリをインストールする事が可能です。

自動で返答してくれるわけではなく、リアルタイムで回答する必要はありますが、単価が高く、質問が多そうな商品ではかなり役立つアプリです。

チャネルトーク

WEBチャットやLINE@等を使って問い合わせの一元管理が可能です。

このツールの良い所は、自動返信のBOTを組み込む事で顧客への自動返信が可能な所です。

導入方法はチャネルトークにアクセスして「無料お試し」で14日間無料で使う事が可能です。

ノベリティ作成

無在庫(受発注可能)で商品ラインナップを増やす事が可能なノベリティ系のアプリを紹介します。

Printfull

Shopifyのアプリストアで「Printfull」と検索すればすぐに出てきます。

Google翻訳機能で自動で翻訳されてますが、こちらの「アプリ追加」をクリックする事で、アプリをインストールする事が可能です。

Tシャツをはじめとした様々な商品をロゴデータだけ入稿すればすぐに無在庫で簡単に販売する事が可能です。商品発送もPrintfullが行ってくれます。

Canvath

Shopifyのアプリストアで「Canvath」と検索すればすぐに出てきます。

Google翻訳機能で自動で翻訳されてますが、こちらの「アプリ追加」をクリックする事で、アプリをインストールする事が可能です。

日本のGMOグループがやってるサービスでスマホケース等様々な商品をロゴデータだけ入稿すればすぐに無在庫で簡単に販売する事が可能です。商品発送もCanvathが行ってくれます。

物流/自動出荷

商品が少ない場合は自宅等でも配送は問題ないのですが、規模が大きくなるにつれて、倉庫を借りて人を雇ってとなってしまいます。

そうすると、商品が売れて売り上げが高いうちは問題ないのですが、やはり波がどうしてもあるので、早い段階で外部委託出来る倉庫兼配送サービスを利用すべきです。
→詳細はこちらもご覧ください。メリットデメリットについて詳しく書いています。

そんなお勧めの外部倉庫兼配送サービスを紹介します。

Qxpress

Qoo10というシンガポールの企業がやっているECサイトがあるのですが、ここは日本向けにもECをやっていて、ここのQxpressという倉庫兼配送サービスを活用するのがお勧めです。

何がお勧めかと言うと、1ヶ月の間で10個(1SKUあたり)はけると保管料が0円という事です。さらに配送料もかなり安く、物販サービスをやっている方ならこの凄さがわかるはずです。

海外発送も自動で対応してくれているので非常にお勧めです。
※20kg以上の大型商品は倉庫におけないので注意が必要です。

サブスクリプション

ビジネスモデルの1つで、都度購入ではなく、定期購入する事で、契約期間中であれば商品を自由に利用出来るサービスの事をさします。

今回は簡単にサブスクに出来る便利なアプリを紹介します。

Bold Subscription

Shopifyのアプリストアで「Bold Subscription」と検索すればすぐに出てきます。

Google翻訳機能で自動で翻訳されてますが、こちらの「アプリ追加」をクリックする事で、アプリをインストールする事が可能です。

Shopifyに登録している商品を都度購入ではなく、定期購入にしてくれるアプリです。主に通販等に活用出来ます。
※60日間無料ですが、お金がかかるので、注意が必要です。

Bold Membership

Shopifyのアプリストアで「Bold Membership」と検索すればすぐに出てきます。

Google翻訳機能で自動で翻訳されてますが、こちらの「アプリ追加」をクリックする事で、アプリをインストールする事が可能です。

月額でオンラインサロン系のサービスを提供する事が可能です。
※決済はShopify上ではなく、「stripe」という決済会社を使うので注意が必要です。
※14日間無料ですが、お金がかかるので、注意が必要です。

コンテンツ販売

マニュアル等のWEBコンテンツを販売する際に便利なアプリを紹介します。

Digital downloads

Shopifyのアプリストアで「Digital downloads」と検索すればすぐに出てきます。

Google翻訳機能で自動で翻訳されてますが、こちらの「アプリ追加」をクリックする事で、アプリをインストールする事が可能です。

Shopify純正のアプリで、デジタルコンテンツの商品をShopify上で登録して、コンテンツをアップロード後、連携する事で、購入後にコンテンツのリンクを購入者に送る事が出来るアプリです。

クラウドファンディング

日本ではよく「クラファン」の名称で呼ばれていますが、簡単に言うとインターネット経由で資金調達をすると覚えておくと良いでしょう。

今回はこのクラウドファンディングをShopify上で出来るアプリのご紹介です。

Crowdfunder

Shopifyのアプリストアで「Crowdfunder」と検索すればすぐに出てきます。

Google翻訳機能で自動で翻訳されてますが、こちらの「アプリ追加」をクリックする事で、アプリをインストールする事が可能です。

日本のクラウドファンディングサービスであるCAMPFIRE(キャンプファイヤー)、Makuake(マクアケ)のようなページ構成を簡単に作れるアプリになります。
※7日間無料ですが、お金がかかるので、注意が必要です。

BtoB/限定オファー

BtoB(卸)等をする際に便利なアプリや限定オファーを出す上で便利なアプリを紹介します。

Wholesale & Custom Pricing

Shopifyのアプリストアで「Wholesale & Custom Pricing」と検索すればすぐに出てきます。

Google翻訳機能で自動で翻訳されてますが、こちらの「アプリ追加」をクリックする事で、アプリをインストールする事が可能です。

最低ロット500〜卸価格通常の○%引き等、BtoB(卸)をする際に便利なアプリです。

Locksmith

Shopifyのアプリストアで「Locksmith」と検索すればすぐに出てきます。

Google翻訳機能で自動で翻訳されてますが、こちらの「アプリ追加」をクリックする事で、アプリをインストールする事が可能です。

ページに鍵をかけたりする事で、ユーザーへのアクセス制御(限定)をさせたりする際に便利なアプリです。
※15日間無料ですが、お金がかかるので、注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?購入率UP(CVR)だけ、非常に多くのアプリがありますが、自分のサイトに必要なアプリだけ入れる事をお勧めします。

まずは1つづつアプリを入れて、ゆっくり検証しながら実施していくのがベストです!

Shopify(ショッピファイ)完全攻略ガイド
〜必ず入れておきたいおすすめの必須アプリ〜

Shopify(ショッピファイ)完全攻略ガイド 〜必ず入れておきたいおすすめの必須アプリ〜

2020年9月29日

Shopify(ショッピファイ)完全攻略ガイド
〜お勧めのアプリ・WEB集客(PV)UP編〜

Shopify(ショッピファイ)完全攻略ガイド 〜おすすめのアプリ・WEB集客(PV)UP編〜

2020年9月29日

Shopify(ショッピファイ)完全攻略ガイド
〜お勧めのアプリ・顧客単価(LTV)UP編〜

Shopify(ショッピファイ)完全攻略ガイド 〜おすすめのアプリ・顧客単価(LTV)UP編〜

2020年9月29日

Shopify導入(構築・運営):皆川知徳
執筆:中尾友一
編集:中尾友一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

中尾友一

1985年福岡生まれ。
ソフトバンクでセールスエンジニアとして活躍し、ソフトバンクグループ全体の表彰にて、チームでの受賞だけに留まらず、個人でも受賞。

ソフトバンクに5年間在籍後、代表の高原と共に株式会社Villnessを立ち上げ、その後、拠点を海外(シンガポール)に移し5年程在住。

現在は拠点を日本に移し、グローバルな会社経営を行っている。
主にマーケティング・企画を得意としている。

著書に「副業からのステップアップ起業」「今すぐ使える心理学でWEBマーケティングを攻略せよ!」共著に「Shopify(ショッピファイ)完全攻略ガイド〜初めてのECサイト構築〜」がある。