【備忘録】シンガポールから日本へ本帰国する際に実際に行った事

From:中尾友一
(本帰国4日前の自宅より)2020年6月12日執筆

Tampiness(半年) → robertson wark(1年半) → orchard(2年) → bedok(1年契約)と移り住んできた筆者ですが、とうとうシンガポール生活丸5年、6年目の年に様々な理由により日本へ本帰国する事になりました。

ちなみに、本来は2020年6月3日に日本へ帰国予定だったのですが、突然フライトをキャンセルされ、再度電話でなんとかかんとか予約がとれました。。。(突然のキャンセルは心臓に悪い。予定も狂うし。)

移住・引越しについてはこちらをご参照下さい。

【備忘録】シンガポール移住までに必要なやること条件や費用について

2019年6月24日

【備忘録】シンガポールで引っ越しをする際に気をつけること

2019年6月25日

さて、移住の際にも記載しましたが、改めて日本へ実際に本帰国するので、備忘録として記載します。

退去時に必要な事

・部屋の清掃
業者呼んで掃除(基本的に家契約した時のエージェントに相談すればOK)領収書必須。
※期間:1日程度 費用:200S$〜300S$程度

・カーテンのクリーニング
部屋の掃除と同じ人に頼んでおくのがベスト。領収書必須。
※期間:1週間程度 費用100S$〜200S$程度

最初640ドル!と言われましたが、色々ゴネて今回は部屋の清掃及びカーテンクリーニング合わせて400ドルでした。

・エアコンのクリーニング(私はTOYOエアコン使ってます)
契約時に年4回のクリーニングサービス申し込んでるはずなので、領収書だけでOK
※期間:年4回 費用:4〜5台で500ドル前後

事前に連絡したので残り1ヶ月分あったのですが返金されました!

・電球等切れてたら交換
退出時には完全になおしておく必要があるので、気をつけましょう!

今回は電球が特殊で自分じゃ交換できない為、1個電球が切れたのですが放置して帰ります(笑)
(追記)結局洗面所も若干詰まり気味だった為、合わせて100ドル程追加でとられました。

・インターネット及び電話
私の場合どちらもSingtelなのですが、Singtelはオンラインで解約ができない為、店舗or電話のみ!非常に面倒!
コロナの影響で店舗も閉まってるし、電話しても人員削られてるせいか、まったく電話繋がらないorz

今は折り返しの電話をお願いしている為、待ち状態。
(追記)電話繋がって、オペレーターがメールで最後の請求書を送ると言われた為、メールが来て振り込んで終わりました。

・銀行関連
法人及び、個人どちらもDBSなのですが、こちらはオンラインで住所変更が可能な為、帰国後日本の住所へ変更予定。

無事変更ができたら追記します。

その他

・ビザのキャンセル

税理士に頼んでビザのキャンセル後、旅行ビザに切り替えしてもらいます。
私の場合コロナの影響でどこにいくにも(スーパー等含め)ビザが必要な為、帰国ギリギリのキャンセルにしてもらいました。
キャンセル後はMOMにてビザ返却がある為、お忘れないように。

・帰国届の提出

帰国届は在留届と同じでオンラインでも可能な為、オンラインでさくっと!と言いたい所ですが、パスワードを失念していた為、パスワード再発行含め5分程度で終わりました。

まとめ

Singtel(ネット及び電話)だけ非常に面倒でしたが、それ以外は知っていた情報も多々ある為、スムーズに行えました。
結局移住してみて英語は必要だったのか?と言われると、多少不便な部分もありますが、基本いらないと思います。

海外へ移住してみて感じた事は結局の所、東京→大阪に引越しするくらいの感覚でした。
これは恐らくシンガポールという国が多民族国家のため、疎外感がなかった為だと思います。

良かった事は視野が広がった事ですかね!海外に対してのよくわからない(巨大な壁感)部分が完全に消え去りました。
おかげさまで、移住してからはかなりの頻度で海外飛び回った(仕事とプライベート含め)ので、海外怖いというコンフォートゾーンから抜け出せたのは非常に良い事でしたね。
※海外は危ない地域もある為、必ずチェックしてから行く事をお勧めします。

一旦帰国しますが、また海外に行く可能性もある為、その時にまた色々書きたいと思います!

このブログが誰かの手助けになればと思います。

執筆:中尾友一
編集:中尾友一
画像:FURE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

中尾友一

1985年福岡生まれ。大学卒業後2008年にソフトバンク入社。
セールスエンジニアとして活躍し、ソフトバンクグループ全体の表彰にて、チームでの受賞だけに留まらず、個人でも受賞。
ソフトバンクに5年間在籍後、代表の高原と共に株式会社Villnessを立ち上げ、その後、拠点を海外(シンガポール)に移し5年程在住。

現在は拠点を日本に移し、グローバルな会社経営を行っている。
主にマーケティング・企画を得意としている。

著書に「副業からのステップアップ起業」「今すぐ使える心理学でWEBマーケティングを攻略せよ!」がある。