ビジネスモデルの探し方

大前提として、何故「ビジネスモデル」を探すのか?というのが大事になってきますので、ただお金が稼ぎたいとかであれば、既に既存である稼げるビジネスをやる事を強くお勧めします。

→ 物販ビジネスマスターマップ

「この世にまだないサービスを」という失敗する考え方

この世にないサービスって意外とありません。
必ずと行っていいほど誰かが既にやっています。

大体のものが以下の3つに分類されます。

1.市場規模が小さすぎて見つからない
2.既に先人がやってダメだった
3.めちゃくちゃ資金力がないと出来ない

この3つである可能性が非常に高いです。

よく、

『そのアイディア俺も考えてたんだよね〜やっと俺の思考に追いついてきたか。』

とか、

『あーそのアイディア○○の頃には既に思いついてた。あの頃に俺が先にやってたらなー』

とか言う人いるんですが、じゃあ「やればいいじゃん」て話なんです。

結局何かしら問題(能力がない、お金がない等)あって出来なかったんです。
つまり、ほとんどの人が何かしら足りなくて出来なかったんです。(後出しジャンケンはダサい)

アイディアは世に出して初めて意味があります。

ビジネスモデルは「探す」ではなく「作る」

これは持論ですが、下記法則を私は提案します。

既存ビジネス×既存ビジネス=新しいビジネスモデル

これは一例ですが、実際に成功したモデルなので、ご紹介します。

既存ビジネス その1:アパレル等のデザインをデザイナーとして担当する
既存ビジネス その2:商品をOEM(オリジナル)で作成して売る
既存ビジネス その3:インフルエンサーに商品を紹介してもらう
新しいビジネス:インフルエンサーを使ったデザイン物販

■デザイナー向け提案

中尾
お疲れ様です!
今回新しいビジネスをやろうと思っていまして、是非お力添え頂きたいのでお話聞いて頂けませんか?

今回Tシャツにインフルエンサーが考えたデザインを御社に作ってもらってそれをインフルエンサーに売って貰う予定です!

既にTシャツ販売実績が100枚程有る方で、インフルエンサーに○%弊社が○%御社が○%でやらせていただけないかというご相談です!

原価を差し引いても○円で売れば、1デザインの料金は必ず超えてくるので費用対効果の高い案件になるかと思います。

※本来であれば1デザイン3万とか5万円とかかかる所を0円でお願いしています。

■Tシャツ受注生産

中尾
受注生産のため、マイナスになる事はありません。Tシャツを作成してくれる業者なんて探せばいくらでもあります。
※「Tシャツ プリント オリジナル」とかで検索すればいくらでも出てきます。

■インフルエンサー向け提案

中尾
お世話になっております。○○会社の○○というものです。

今回ご提供したいサービスが完全無料でオリジナルブランドを作りませんか?という提案になります。

ご興味がありましたら、続きをお読み下さい。

現在たくさんのインフルエンサー様が抱えているお悩みが企業案件を投稿しすぎて、フォロワー様から「どうせ企業案件だろ?」と思われてしまい、ブランドイメージが傷ついてしまうので、投稿を控えたいけど、お金も欲しいという部分でお悩み頂いている方がいらっしゃいます。

そのため、オリジナルブランドであればブランドイメージを傷つけることなく提供出来るのでやりたい!だけど、デザイン費用、商品原価、そもそも商品の作成方法がわからない。決済方法もわからないといった部分がネックで出来ない。。。

このような悩みを完全に解決したサービスになります!

やって頂きたい事は「デザインを考えて、商品リンクをプロフィールに記載して頂き、フォロワー向けに投稿するだけ」

となります。

詳細については一度打ち合わせ等させていただければ幸いです!

※本来であれば1投稿1フォロワー1円とか2円換算なので2万フォロワーいたら1投稿2万とか4万かかるものを0円でお願いしています。

つまり、私は1円もお金を使うことなく、関係各所にワクワクを提供し、デザインを初期費用0円でやってもらい、そのデザインを元にインフルエンサーさんが無償で拡散し、購入者から入金があってから、Tシャツを受注生産して、利益を分配しました。

これがアイディアだけでお金を作るという事です。

こんなに素晴らしいアイディアを投稿してパクられないの?と思われるかもしれませんが、安心して下さい。

実際にやってみないとわからない事の方が多いですし、この文書だけではわからないマーケティングが必要な為、あくまで、既存ビジネスの組み合わせで新しく見せることは出来るよ!という一例としてご紹介させて頂きました。

まとめ

お金を稼ぐだけなら既存ビジネスで稼げるものを選べば十分ですし、あえて新しいビジネスモデル?サービス?を考える必要ってないと私は思ってます。

何かしら理念があって作ったサービスであれば「新しい」必要ってあるのかな?って話です。

個人的には稼げるビジネスモデルでしっかり稼いで、その資金で好きなことにお金を使うというプロセスを踏むのが一番かなと思います。

好きな事が見つかるだけでも凄い事ですが、それを仕事にするのは容易な事ではありません。
その為、まずは稼ぐ事にフォーカスする事を強くお勧めします!

執筆:中尾友一
編集:中尾友一
画像:FURE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

中尾友一

1985年福岡生まれ。
ソフトバンクでセールスエンジニアとして活躍し、ソフトバンクグループ全体の表彰にて、チームでの受賞だけに留まらず、個人でも受賞。

ソフトバンクに5年間在籍後、代表の高原と共に株式会社Villnessを立ち上げ、その後、拠点を海外(シンガポール)に移し5年程在住。

現在は拠点を日本に移し、グローバルな会社経営を行っている。
主にマーケティング・企画を得意としている。

著書に「副業からのステップアップ起業」「今すぐ使える心理学でWEBマーケティングを攻略せよ!」共著に「Shopify(ショッピファイ)完全攻略ガイド〜初めてのECサイト構築〜」がある。