【物販事業移転】作業初日

日暮里本社での作業がきつくなった為、物販事業用に板橋区にある志村坂上駅(三田線)近くにオフィスを新規で借りてきました!
※ご関係者様へ本社機能(開発)は日暮里オフィスのままです。

本当に空っぽで何も無い所からの作業風景をレポートしたいと思います。
本日はその第一弾の『作業初日』の風景でございます。

約180平米の広い倉庫兼作業場がこちらです。

な、な、な、無いです!

本当に何もない!

エアコンすらありません!

テレビも無ェ ラジオも無ェ
自動車もそれほど走って無ェ
吉幾三『俺ら東京さ行くだ』より

世代を感じますが、私は真っ先に吉幾三の
『俺ら東京さ行くだ』が頭の中をぐーるぐるです。

もはやドラム缶を置いたら世紀末感でるし、これぐらいがむしろ味がでていいのでは?と思ったくらいです。

カーペットと机を設置します


1人で設置は無理なので、助っ人にDIYに強いと呼び声高いAll INの代表にも手伝ってもらいました。

この、奥の所に作業スペースをまずは作っていきます。

タイルを敷いて、作業机を置いたら完了です。

作業スペース(執務エリア)完了

台車に乗って魂が抜けているのが筆者である私です。

この写真を見る限り作業疲れたーやっと終わった・・・

と思われるかと思います。

 

がしかし!

 

私、この日1ミリも作業をしていないのです!(笑)

前日に飲みすぎて二日酔いで使い物にならないポンコツ化していたのです。
その為、作業は役員の皆川とAll IN代表の2人で速やかに設置完了。

作業を終えて、

『あたかも設置完了後疲れて台車に座った私』(実際にはやっていない)

という絵が面白いからと収められた写真になります。

私は学びました。
上がこんなだとみんながしっかり者に育つという事に。。。

次へつづく『夜が・・・』

【物販事業移転】夜が・・・

2018.11.12

執筆:中尾友一
編集:中尾友一
画像:iPhoneカメラ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

中尾友一

1985年福岡生まれ。大学卒業後2008年にソフトバンク入社。
セールスエンジニアとして活躍し、ソフトバンクグループ全体の表彰にて、チームでの受賞だけに留まらず、個人でも受賞。
ソフトバンクに5年間在籍後、代表の高原と共に株式会社Villnessを立ち上げ、数多くの大手上場企業様のアプリ開発に携わる。
その後、拠点をシンガポールに移し、グローバルな会社経営を行っている。