【ラクマ】販売するにあたってのメリット・デメリット

本日は、【ラクマ】販売するにあたってのメリット・デメリット についてお伝えしていきます。
なお、アカウント開設方法はこちらの記事にてお伝えしております。

【ラクマ】アカウント開設方法と注意点

2019年5月9日

メリット

手数料が3.5%と他に比べ安い

メルカリ10%、ヤフオク8.64%と他販路に比べ、手数料が安いです。
同じ販売価格で売れたときに残るお金が違いますので、ラクマを使うメリットがあります。

クーポン配布などのお得な施策あり

定期的にキャンペーンがあり、●%OFFクーポン発行がありますので、
お得に購入することができます。

楽天スーパーポイント、楽天キャッシュが使える

ラクマでは、商品購入時に楽天ペイで選択をすると楽天スーパーポイント楽天キャッシュで支払うことできます。
(1ポイント1円として、50ポイントから利用でき、上限30000ポイントまで利用できます。)
楽天カードを普段利用されている方は、楽天スーパーポイントが沢山貯まると思いますので、ポイントを使って商品を購入できるのは嬉しいですね。
楽天スーパーポイントを使用した決済方法については、ラクマのこちらのURLに載っております。

かんたんラクマパックが便利

かんたんラクマパックは、ラクマの取引で日本郵便ヤマト運輸の提供する一部の配送方法をお得に利用できるサービスです。
ご利用いただける配送方法は、【日本郵便】ゆうパケット、ゆうパック/【ヤマト運輸】ネコポス、宅急便コンパクト、宅急便の5種類があります。
コンビニ、郵便局、ヤマト営業所から発送が可能です。
国内配送は毎年値上げを繰り返していますので、少しでもお得に発送できるサービスはありがたいですね。
ラクマパックのご利用方法は、こちらのページに詳細が載っております。

デメリット

あまり売れない

メルカリと比較されることが多いラクマですが、お客様の数がメルカリとは違います。
ラクマは2018年10月時点で1500万ダウンロード、メルカリは2018年6月時点で7500万ダウンロード)
ダウンロード数だけで見れば、約5倍の差があります。
私自身も両方に出品をしていますが、やはり売れる速度でいうとメルカリに軍配が上がります。
メルカリラクマも両方利用して購入率をアップを目指すと良いですね。

注意点

プロフィール欄に販売ルールを記載しておきましょう。
例えば、値切り交渉が頻繁に来ますので、値切りしない!と決めている方はプロフィール欄に”値切り不可”と明記したり、配送できる曜日(例えば、土日祝は配送はお休み等)を明記しておくことで、購入者に分かりやすい出品者になります。

まとめ

手数料も安く、クーポン発行やラクマパック、匿名配送等でメルカリ同様のサービス展開をしてきているラクマ
楽天スーパーポイントも利用できることもあり、楽天ユーザーの方にはメリットのあるフリマアプリになっています。
ダウンロード数はメルカリに比べ少ないですが、今後の伸びしろが期待できる販路だと思います。
まだ活用されていない方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

【物販比較表】各種販路の特徴まとめ

2019年4月13日

執筆:皆川知徳
編集:皆川知徳
画像:Spize

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

皆川 知徳

1985年新潟生まれ。大学卒業後2008年にソフトバンク入社。
ソフトバンク時代はネットワークエンジニアとして、無線ネットワークの分析、電波改善に貢献し、チームで社長賞を受賞。
ソフトバンクに8年半在籍後、貿易会社を立ち上げ、わずか2年で年商1億円規模までに成長させる。その後、株式会社Villnessの取締役に就任。
現在では、それらの経験を活かし同社の事業拡大の一端を担っている。