【中国輸入】中国からFBA(外部委託倉庫)へ直送するメリット・デメリット

本日は、【中国輸入】中国からFBA(外部委託倉庫)へ直送するメリット・デメリットについてお伝えをしていきます。

国内の発送業務を委託できる配送代行業者は国内にいくつもあります。
弊社も国内発送は全て配送代行業者を利用をしています。

現在では、Amazon FBAだけでなく、楽天ロジやQxpress等、各ECモールが販売だけでなく物流も持つようになり、上手く仕組み化をしていけば商品の荷受けや梱包作業が必要なく、お客様へ商品をお届けできるようになります。

その中で理解しておくべき直送のメリット・デメリットがありますので、詳しく見ていきましょう。
※配送代行業者をここでは分かりやすく「FBA」と称して記載します。

中国→FBA直送のメリット

梱包作業時間の短縮&人件費削減

これが最大のメリットです。
日本で荷受け&梱包&FBA倉庫へ発送をする場合、ご自身またはアルバイトさん等の人件費がかかってきます。

日本のアルバイトさんが時給1000円とした時に、中国では同じ作業をするのに大体日本の時給の1/3で行うことができます。

結果コスト削減につながりますし、ご自身は利益につながる業務に集中することができます。

販売までのリードタイム短縮

販売開始までの「時間」を考えると、中国→FBA倉庫 < 中国→あたなの事務所→FBA倉庫 となりますので、中継点が減る分早く販売開始できるようになります。

在庫置き場が不要

中国→FBA倉庫へ直送をすることで、あなたの事務所で荷受けや在庫を置く必要がないため、事務所代を最小で済ませることができます。

長くビジネスを続けていくためにコストを最小で運営していくことはとても大事になってきます。

日本国内送料削減

一度ご自身で荷受けをすると、次はあなたの事務所→FBAまでの国内送料がかかってきます。

中国→FBAへ直送すれば、この国内送料は削減できます
ので、物量が多ければ多いほど金額的に直送による削減効果が大きいものになってきます。

どこにいても物販事業が可能に

そのままですが、商品が手元に来ないわけなのでどこにいても物販事業ができます。
海外に住んでも、旅行をしていても、副業だとしても、売れたら勝手にFBAが発送してくれます。

中国→FBA直送のデメリット

国際送料が最大元お得にならない

こちらはどの国内の配送代行業者を使うかによりますが、Amazon FBAのように国内に何か所も配送センターがある場合、商品によって納品先が異なる場合があります。

中国から航空便で荷物を送る場合、一定重量を超えると国際送料がどんどんお得になっていきますが(例えば50Kg以上→16元/1Kg、100Kg以上→15元/1Kg、300Kg以上→14元/1Kg)、配送が複数箇所に分かれると重量を複数に分けて料金算出されるため、国際送料が最大限にお得にならない可能性があります。

商品の梱包ミスやラベルの貼り付けミス

直送をすると商品が手元に来ないため、梱包状態やラベルが正しく貼ることができているのかの確認ができません。

梱包ミスやラベルの貼り間違いがあると、異なる商品がお客様に届いてしまいクレームにつながったり、アカウント評価に響いてくることもありますので、中国スタッフに明確に指示・確認をするようにしましょう。

弊社では、中国スタッフに作業をしてもらう上で、FBA直送にする場合は、商品の各SKU(カラー/サイズ)毎にラベルを貼った写真を送ってもらい、梱包状態の確認とラベル貼り間違いがないかの照らし合わせを行っています。

まとめ

中国側できちんと仕組みさえ立て付けができれば、FBAへ直送することのメリットの方が遥かに大きいはずです。

物販で一番時間がかかり利益を生まない作業が梱包作業ですので、外部委託にすることで利益につながる作業に集中をしていきましょう。

執筆:皆川知徳
編集:皆川知徳
画像:Spize

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

皆川 知徳

1985年新潟生まれ。大学卒業後2008年にソフトバンク入社。
ソフトバンク時代はネットワークエンジニアとして、無線ネットワークの分析、電波改善に貢献し、チームで社長賞を受賞。
ソフトバンクに8年半在籍後、貿易会社を立ち上げ、わずか2年で年商1億円規模までに成長させる。その後、株式会社Villnessの取締役に就任。
現在では、それらの経験を活かし同社の事業拡大の一端を担っている。

著書に「副業初心者が物販ビジネスで年商1億円稼ぐ」がある。